不動産で契約を

不動産で契約を

皆さんは、今まで不動産を利用したことはありますか?一人暮らし、土地探し…など不動産を利用する目的は人それぞれ違うものです。

 

 

 

しかし大まかに言ってしまえば、皆物件を探しているということには変わりはありません。

 

不動産で紹介されている物件はインターネットや情報雑誌などにも掲載されているのでわざわざ不動産に出向かなくても事前に気になる物件を絞りこむことが出来ます。

 

 

 

不動産の数も豊富にあるので1つ1つのお店を回るよりもインターネットなどを利用してみた方がずっと時間も手間も掛らずに済みます。そして気に入った物件があったら契約…ということになりますが、その際必ず保証人が必要になります。保証人には両親や親戚の人などになってもらうのが一般的ですが、もし親戚がいないとなれば友人などにお願いすることも可能です。

 

 

 

ただ親族ならまだしも友人で保証人を進んで受けてくれる人はあまりいないかと思います。

 

 

 

話は戻りますが、保証人が決まればサインや印鑑が必要となります。不動産から渡される必要な書類に目を通し、納得がいけばそこでサインをして契約成立となります。また物件によっては敷金・礼金が必要なところもありますが、最近では敷金のみの物件が多いようですし、どちらも不要という物件もあるようです。ただ数年経った後に出ていく際に部屋のクリーニングをする際に必要な経費が敷金ですので遅かれ早かれ払わなければいけないものだと思ってください。