不動産のデメリット

不動産のデメリット

不動産物件を購入する場合、具体的にどういうデメリットがあるのか気になりますよね?
一番の心配要因が、昨今の不況です。

 

 

 

景気が良いと物件の価値があがり、景気が悪いと物件の価値が下がっていきます。
基本的には、物件を買うときには景気が悪い方が良くて、物件を売りたいときには景気が良い方が儲かります。

 

 

 

いま現在の日本は、不況のまっただ中なので結構買い時ではありますが、さらに景気が悪くなる可能性もありますし、不安があります。
とはいえバブル時代のように、好景気だと思ってたらいきなり弾けることもありますから、いつの時代だろうと物件購入にはリスクが付きものです。リスクばかり気にしてたら永遠に買うことはできません。所詮、未来なんて誰にもわからないですからね。

 

 

 

ただ、出来るだけお買い得そうな物件、将来的に値上がりしそうな物件を選んだ方が良いでしょう。
どんどん寂れてる地域より、再開発などで発展してきている地域の方が物価はあがりやすいです。

 

 

 

本はもともと世界に比べて土地の面積がかなり狭いので、物件の値上がりの可能性は大いにあります。
不動産のデメリットは、現金や株式に比べると流動性が非常に悪いことです。

 

 

 

不動産を売りたいと思っても、一日二日で即売却というわけには行きませんし、強引に売ろうとしたら安く買い叩かれてしまいます。
不動産物件は、資金が充分にあり、長期的な投機を行いたいときには有効ですが、資金がギリギリしかないような場合には向きません。