不動産の収益

不動産の収益

不動産に投機しようと思う場合、事前に収益を計算することが重要になってきます。
まず、毎月一定の賃料を得られるような収益不動産には、アパート、マンション、一軒家、駐車場、テナントビル、店舗、倉庫などがあります。

 

 

 

具体的にどのくらいの資金が必要か、どのくらいの収益が見込めるかは、完全に物件次第ですが、いちばんローリスク・ローリターンなのが駐車場、ハイリスク・ハイリターンなのがテナントビルでしょうか。

 

 

 

不動産物件を購入して賃貸する場合、家賃や礼金などの収入を得ることが出来ます。敷金は基本的に建物の維持や現状回復に使うので、収入とは言えません。保証金は、契約内容にもよりますが、返す場合は収入になりませんね。
しかし、収入だけではありません。不動産物件を賃貸する場合、経費として支出も発生します。

 

 

 

具体的には、建物の修繕費、管理費、保険料、固定資産税などの税金があります。
ある程度は部屋が埋まらないと、赤字になってしまう計算です。逆に言うと、部屋が満杯に近いほど黒字が大きくなります。

 

 

 

周辺地域の需要の多さは、とにかく重要になってきます。
自宅併用として、アパートやマンションを購入することも出来ます。アパートやマンションの一室に自分もお住むわけですね。この場合、当然自分は家賃を払う必要ないですし、賃貸収入をローンの返済に充てることができて便利です。また、管理なども自分で行えば経費削減にもなります。