家具家電設備の物件

家具家電設備の物件

もし一人暮らしを始めるとなるとそれなりにお金が必要となります。不動産で物件を探し、いざ入居…となった時に敷金を請求される可能性もあります。

 

 

 

ちなみに最近では礼金を支払わなければいけない物件というのは非常に少なくなりました。

 

 

 

敷金があったとしたら家賃の2カ月分を納めるのが一般的です。その他にも専門の引越しセンターを利用すればその費用も必要になりますし、家電(テレビ・冷蔵庫・炊飯器・電子レンジ・テレビ・暖房器具などなど)、家具(タンス・ベット・寝具・テーブルなどなど)も最初から揃えるとなると相当な金額が必要となります。

 

 

 

ざっと全部を見込んでも少なくとも20万〜30万円くらいは最低限、必要ですよね。そんな貯金は無い…という人も多いかもしれませんが、決して諦める必要はありません。近年では、家具や家電がはじめから設備されている物件が全国に存在しますよね。その為、自分で家具家電を購入する手間がなくなりますし、中には敷金礼金必要無しという物件もあるのでかなりの節約が期待できます。ただ、こういった物件は退去する際にお金が必要となる…と言います。

 

 

 

敷金を払っていなければ部屋のクリーニング代などを請求されますし、家具家電がもし壊れていたら弁償…ということにもなります。確かに最初は安くて魅力的かもしれませんが、後のことを考えたら即決は出来ませんよね。多くの不動産で取り扱っているので是非、チェックしてみてください。