不動産を通して家賃交渉!?

不動産を通して家賃交渉!?

当然ながら不動産ではたくさんの物件を取り扱っていますよね。アパートからマンション、土地、中古物件、一戸建て…などなど。

 

 

 

一人暮らしや一戸建て購入の際などで利用したことがあるという人はたくさんいるかと思います。そんな不動産ですが、簡単にいえば売主もしくは大家さんの代わりに物件を紹介しているいわば仲介役ですよね。借主にアパートなどを提供し、大家または売主からお金をもらう…というサイクルになっています。

 

 

 

皆さんは最初から決められている家賃に従って払い続けることになるかと思いますが、何かしら理由があれば家賃の交渉をすることも出来るのです。これは法律でも決まっている住居人の権利でもあるのです。

 

交渉が成立するには、前文にも書きましたがそれなりの理由が必要になります。例えば騒音が酷い、カビ・湿気が凄い、雨漏れがする…などといった生活する上で支障をきたすことがあれば交渉する余地はあります。またどのくらい酷いのかにもよります。

 

 

 

家賃交渉をする際、不動産に言うのも良いかもしれませんがそれでは不動産→大家という2度手間になってしまうので時間を短縮する意味も含めて大家さんに直接交渉を持ちかけるのがおススメです。
 

 

しかし家賃交渉はあくまでも交渉なので喧嘩腰になったりすると最悪の場合、退去を求められることになるかもしれません。交渉しても下がらない場合もあることを十分、理解しておかなければいけません。1,000円でも下がると嬉しいですが、容易なことではありません。