収益用マンションの経営

収益用マンションの経営

自分たちの事業としてマンションを所有して賃貸マンションとして貸している方が多くおります。

 

賃貸マンションを収益用の事業として経営している方は、個人事業として経営している方もおりますし、会社を設立して法人で経営している方もおります。
 

 

個人で賃貸マンション事業を経営している方の多くは、最初は自分たちが購入して住んでいたマンションが手狭になり子供が自立したので夫婦だけでは大きすぎるので、自分たちは別のマンションに引越して、今までの所有マンションを賃貸に出した方が多いようです。

 

 

 

その内に、この様な賃貸事業が結構な収益にもなりますし、将来のための財産づくりにもなるということで、複数のマンションを購入しては仲介不動産会社を通じて賃貸に出すようになって事業化する方や、専門の会社を設立して事業として大きくしている方もおります。

 

 

 

また、バブル期などの時期に大量に作られた高級マンションを投機用に所有していた企業やが、バブル崩壊後のマンションの値下がりが急速に進むために、売るにも売れなくなって考え方を変えて賃貸マンションとして事業化しているケースもあります。

 

 

 

さらに、マンションを担保に銀行ローンを組んで資金を貸し出していた銀行などの金融機関が、やはり値下がりが続くので競売にかけても落札されなくなって、賃貸マンションとして貸し出しているケースもあります。

 

 

 

マンションの賃貸事業はマンション購入時の価格が低廉価格で有利に購入できて、長期にわたって隙間なく賃貸が続けられれば安全で良い仕事でもあります。

 

ただし、借り手が少ない地域や物件の場合は空室になる状態が続きますと、ローンの返済にも支障が出てきますので問題でもあります。

 

また、長期的なデフレや不景気で不動産価格の下落が続きますと、賃料設定も
下がってきますし、マンションを手放したくても売れない事にもなりローンの返済だけが残って大変になることもあります。