購入と賃貸の判断

購入と賃貸の判断

誰でも所有する住宅があれば、これからの人生が安心できるのでマイホームを持ちたいと考えるのは当然のことでしょう。

 

一戸建住宅やマンションを購入した場合と、賃貸で借りる場合ではどちらが得になるのか今ひとつ判りません。

 

 

 

賃貸と所有した場合の損得を考えるには、それぞれの方のライフプランの考え方で違っていきます。

 

例えば、購入した住宅を自分たちの将来の資産と考えて、支払うローン返済は銀行に定期預金をしたつもりになるという考え方も一理あります。

 

 

 

人の年齢や立場によっては、数年単位で勤務地が変わる方もいます。

 

さらに、職業によっては世界各地を駆けまわって仕事をする方もいます。

 

 

 

そういったケースの方には、マンションや戸建住宅を買うことは返って無駄になしますし邪魔な場合もあります。

 

ですから、この様な方たちにとっては自分たちの状況にあわせて必要な場所に必要な期間だけを賃貸した方がベターということになります。

 

 

 

しかし、結婚して子供もできて仕事の面でも方向が定まって落ち着いてきた時期の方にとっては、マンションや戸建住宅などのマイホームを購入することは夢でもありますし、正しい選択でもあります。

 

ただし、マンションや一戸建住宅を所有する事が将来のための財産づくりと考えでしたら、景気や不動産市況の変動次第で値下がりすることも有りますので、そのリスクも覚悟しておくべきでしょう。

 

 

 

上記に書きましたように住宅を購入するか賃貸するかに尽きましては、各人のライフプランによりますので簡単に損得を決めることは難しくなります。