探してもらう不動産会社

探してもらう不動産会社

マンションや一戸建ての住宅を探してもらう時に大切な事は、賃貸にしても
売買物件にしても、自分たちが希望する内容の良い情報を多く集めることが大切です。

 

自分たちでインターネットの情報サイトや情報誌から探す方法も有りますが、それらのほとんどの情報も何らかの形で不動産会社から発信されています。

 

 

 

やはり、専門の不動産会社に依頼したほうが物件探しの面でも、その後の契約関係についてもスムースに進みます。

 

また、物件を売ったり賃貸しようとするオーナーから見ても不動産会社を経由した方が良いと考える方が多いのです。

 

 

 

さて、不動産会社には主として売買物件をメインにしているところも有りますし、賃貸物件を中心に運営している会社があります。

 

また、仲介をメインにしている業者にも「賃貸仲介業者」と「賃貸管理業者」お2種類があります。

 

 

 

賃貸仲介業者は、不動産の所有者と借りたい方との中間に立って物件の紹介や契約の立会いなどを行います。

 

 

 

この賃貸仲介業者にも所有者から直接に依頼を受けて売買や賃貸の仲介を行う「元付業者」もあれば、業者間の情報だけを集めて客を付ける「客付け業者」のようなブローカー的な存在もおります。

 

「賃貸管理業者」は、基本的に特定の物件だけを決めて自社で管理している業者になります。

 

 

 

所有者から管理を任せられているので特定物件については詳しい状態を把握しています。
しかし、物件を数多く見たい方にとっては物件が特定されていますので向いていません。