リコースローンって何?

リコースローンって何?

リコースローンとは、遡及型ローンのことです。
日本では従来から利用されているローンの方法で、担保価値(つまり購入した不動産物件)が貸した額に足りない場合、貸し手は他の資産の処分などによる返済を求めることが可能な融資方法です。

 

 

 

おや? と思った方もいるかも知れません。
お金を借りて不動産物件を買ったのに、その不動産物件の価値が借りた額よりも少ないなんてことがあるのでしょうか?
答えは、あります。物価の価値は日々変動していくものです。上がるときもあれば、下がるときもあります。特に最近は不景気なので、不動産物件の値下がりが多いようです。

 

 

 

買ったときは3億円でも、売ろうと思ったときは2億円だったということもあります。この場合、返済額は3億円なのに担保価値は2億円しかないので、あと1億円余分に返済しないといけないわけです。
なんだかもの凄く理不尽な感じがしますよね。

 

 

 

上記のような場合に、返済額は担保価値分のみで良いという融資方法もあります。それをノンリコースローンと言います。
それだけ聞きますと、リコースローンよりノンリコースローンの方が断然良く聞こえますが、金利がノンリコースローンの方が高いです。また、融資期限などもリコースローンより短く限定されている場合が多いです。

 

 

 

結論を言いますと、普通に借りたお金を返済していける場合は、リコースローンの方がお得です。
返せなくなりそうな予感がある場合、ノンリコースローンの方が良いですが、それなら最初から購入しない方が無難でしょう。